ネットワークビジネスのしくみ

 みなさんも大きな関心をもっているネットワークビジネスだと思います。このページではネットワークビジネスをしっかりと活用できるように基本の仕組みを説明します。ネットワークビジネスは人脈を活用するビジネスです。人と人のつながりを利用する点がネットワークビジネスの特徴です。その仕組みをしっかりと確認してほしいと思います。基本的にネットワークビジネスでは会員が商品の販売を担当します。会員が商品をどんどん広めていきます。教えてもらった新しい会員がまた違う会員に商品を広めます。こうして商品がさらに広まっていくことになるのですね。ネットワークビジネスの基本的な仕組みはこのようになっています。基本を充分に確認してください。
 ネットワークビジネスでは商品の製造を担当する会社があります。この会社がネットワークビジネスシステムの本部の役割を担います。ネットワークビジネスの会員はこの会社から商品を購入します。会員はふつうの消費者と同じく、ネットワークビジネス会社から購入した商品を自分で消費してもオッケーです。自分で使ってみてものすごく満足した商品があるかもしれません。こうした場合には他人にも商品を紹介したくなりますよね。会員は商品を友人や知人に紹介して販売することができます。このような役割を担う会員をディストリビューターとよびます。ディストリビューターは新しい会員をどんどん集めていきます。  ディストリビューターから紹介を受けた会員はネットワークビジネス会社から商品を購入する場合もありますし、ディストリビューターがもっている商品を購入することもできます。どちらの方法にしても、新しい会員は紹介したディストリビューターの子会員になります。この場合、紹介したディストリビューターが親会員になります。子会員が商品購入に使った金額のうちの一部分がディストリビューターの取り分になります。つまり、ディストリビューターは新しい会員を増やせば増やすだけ取り分が大きくなる可能性がアップするのです。さらに、子会員が新しく紹介した会員は孫会員になります。親会員であるディストリビューターは孫会員の消費金額からも取り分を得ることができます。まさに人脈が大きく関係するビジネスがネットワークビジネスなのです。
 ネットワークビジネスの仕組みを理解するとあることがわかります。それは先行者利益と呼ばれるものです。ネットワークビジネスでは先に会員になっておくと得ですね。早い段階から会員になっておくと、新しい会員に商品を紹介できる機会が増えます。後の段階になってきますと、すでに会員になっている人の数が多くなります。だから、ネットワークビジネスでは先行者利益が重要なポイントになります。ネットワークビジネスの仕組みを理解すると、どのような行動をとると大きな利益になるのかがわかります。みなさんもこのサイトでしっかりと勉強をして、りっぱなディストリビューターになりましょう。

安心なネットワークビジネスの世界TOPに戻る

安心なネットワークビジネスの世界
ページのトップへ戻る